目の印象をよくする

相談

目の印象を変えて大きなメリットをえる

二重は、瞼を開ける筋肉や脂肪の付き方の問題でなったりならなかったりするものです。一番手軽な方法は、アイプチと言われるのりやテープのたぐいです。水溶性なので洗顔でとれますが、その部分が光ったりとれやすかったりなどの難点があります。また、目を閉じているのに皮膚がくっついていたり炎症のもとになったりもします。そこで、整形病院では、二重にする方法として、埋没法と切開法を薦めています。埋没法は、細い針と糸を使って縫い付ける方法です。とれやすい反面やり直しをすることが可能です。時間は10分ほどで、完治まで一ヶ月、費用も1万円ぐらいからとリーズナブルです。一方、切開法は手術によって完全に脂肪などを取り除くものです。30分ほどかかり、完治まで半年ほどで体への負担も大きいといえます。費用は、20万から30万と高額です。しかし、皮膚のたるみもなく瞼が開きにくくもなりません。永久的に二重を実現するので、これまでのコンプレックスを解消し、新しい自分と出会うことが出来ます。いずれにせよ、事前に整形の医師とのコミュニケーションをしっかりととり、リスク説明も含めて隠さず伝えてくれる信頼できる医師を選択することが重要です。特に、アフターケアの状況も確認しておくとよいです。

二重の仕組みとしては、およそ4種類のものがあります。1つ目は、奥二重型です。これは、一見一重にみえるものです。しかし、筋肉や皮膚の形状は二重になるようにするものです。2つ目は、末広型です。目じりに向かって幅広にします。切れ長の印象があり涼しげでアジア女性に多いスタイルです。3つ目は、幅の狭い平行型です。目とラインが平行で、しかも幅が狭いものです。落ち着いた印象で、大人っぽい感じを得ることができます。最後の4つ目は、幅広の平行型です。お人形のようなラインで、華やかで色々な化粧や付けまつげなどの飾り等にもマッチします。西洋人に多い形ですが、若者に人気があります。以上4種類の二重の形がありますので、整形病院では、どんな形をイメージしていて、術後の自分の理想はこうだときちんと伝えることが大切です。整形のサービスとしては、事前の相談だけでも費用が無料で行えることがあります。また、埋没法の場合では、やり直しをすることができるので、何回でも無料で修正が出来る保障期間を設けている整形医院もあります。最新の技術や費用に目がいきがちですが、信頼できる医師を体験者の口コミや相談に言ったときの様子で判断することもはずせないことです。

Copyright© 2019 まぶたの状態を理想の形にすることができるプラン All Rights Reserved.