目元をはっきりさせる

注射器

目元の変化で仕事も私生活も快適になります

最近、二重にする整形手術をする方が増えてきています。それは、体への負担が減っているからです。二重にする方法は、注射を患部にうち、皮や脂肪を取り除いたり、またはそこまでしなくても皮を縫い合わせて点でとめて、結び目を革の内側に埋もれさせるというような方法です。費用の方は、前者が25万で、後者が5から10万円ほどです。費用の面でも非常に現実的な値段となってきました。人気の理由としては、まず注射針ですが、丸みを帯びた形状で従来の角ばったものと違い刺すときの摩擦が低い分痛みがありません。また、非常に細いと言う点でも痛みが軽減されています。縫うことについても、全てを縫うわけではなく、いくつかの点で、効率的に固定するので最小限の施術となります。さらに、施術の跡が目立たないように皮膚の内側に埋没させるという点も人気の要素です。昔の整形というと、親からもらった顔に傷をつけるというイメージがありましたが、今はその人らしさをより実現するためにコンプレックスの元になっているものを少しの負担で治すという感覚です。お隣の国、韓国では若者があたりまえのように小さな整形を繰り返しているとの報道もあります。日本でもようやく皆が認める施術例が増えてきたと考えられます。

埋没法では、糸のつけ方で角膜に接近した場所で固定する場合もあるので、傷つけないよう複数の場所で点として固定します。2週間ぐらいで傷が落ち着いてきて、2ヶ月経過後治ります。数年経過するととれてしまうことがあるので、皮や脂肪を手術で取り除く方法もあるわけです。全部や一部を取り除くやり方があり、費用は25万円程です。全部切除は腫れが引くまで1週間、落ち着くまで4ヶ月、治るまでは1年程かかります。二重にする整形では、出費する費用の額も課題ですが、大切なことは自然な体に傷をつけるということです。じっくり考えて決めることが大切です。医者の選択については、様々な情報だけではなく、実際の患者や事前の医師の話の様子なども考慮して選ぶことが大事です。技術的に新しく、経験も豊富で評判の高いところが一番です。費用の問題が一番ではありません。二重にする整形の手術は、痛さも負担も費用も少ないものが出てきて大変人気があがっています。しかし、施術前のカウンセリングをしっかりと行い、身体にマッチした方法で、術後のイメージが医師との間で共通になっていることが大切です。話が違うとならないよう、検査や体調についても万全な状態を整えて臨む必要があります。

Copyright© 2019 まぶたの状態を理想の形にすることができるプラン All Rights Reserved.