理想の目を作る方法

目元を触る人

パッチリ目に変身

顔の印象を大きく変えるパーツのひとつが目元です。目元の印象によって顔全体の印象がガラリと変わってきます。目が小さくてコンプレックスに感じている人におすすめしたい方法が美容整形です。美容整形を利用することによって小さかった瞳も嘘のように大きくなります。一重まぶたを二重にすることによって目の印象がだいぶ変わりますから、大きな瞳を手に入れたいのならば美容整形を利用してみてはいかがでしょうか。二重にするための施術方法としては埋没法と切開法があります。埋没法はプチ整形とも呼ばれている施術方法なのですが、まぶたの裏側を糸を利用して引き上げて線を作る方法です。ナチュラルな二重を手に入れることができますし、費用も比較的手が出しやすい価格設定になっていますので若い世代にも人気のある施術方法と言って良いでしょう。埋没法では二重の線に限界がありますので、なりたい線が作れない場合は切開法を利用してみると良いでしょう。切開法は名前の通り、切開することによって線を作ることができます。確実な線を作りたいのならば切開法がおすすめです。埋没法よりも費用はプラス5万円から10万円程度かかることも多いのですが、確実な線を作りたい人には最適の方法です。

二重を作る方法としては自分で行うかプロに任せるかの二通りがあります。自力でまぶたに線を作りたいのならば市販のアイテムを利用してみましょう。最近ではノリやテープ製のアイテムが多様化してきています。簡易的な二重になるための商品もたくさん販売されています。これらを駆使すれば一時的に線を付けることができますし、まぶたの薄いタイプの人であればクセがついて本当に二重になることが出来るケースもあります。しかし、確実になれるかどうかもわかりませんし、なれたとしても時間が掛かります。手っ取り早く理想の二重になりたいのならば整形が最適です。初心者におすすめの方法が埋没法と呼ばれる施術です。まぶたに糸を使って線を付けることが出来る施術です。もし気に入らなかった場合は線を取ることによって元の状態に戻すことができます。やり直しのきく施術方法ですし費用も10万円以内で行えるところがほとんどですので、初めて美容外科を利用するという方に向いている施術でもあります。過去に埋没法を利用して線を作ったけれども、線が取れてしまったりまぶたに厚みがあって埋没法では理想の線が作れないという方は切開法を選択しましょう。まぶたを切開することによって線を作る美容整形で、費用は15万円から25万円程度が相場です。

Copyright© 2019 まぶたの状態を理想の形にすることができるプラン All Rights Reserved.